0
Gabriel Fauré - First Quintet op 115 - Andante in B flat [vinyl] CL 12

Gabriel Fauré - First Quintet op 115 - Andante in B flat [vinyl] CL 12

€25.00Price

This sacred union of the public from its first hearing, and that of criticism. A composer and an interpreter can testify to it. "Happy, happy three times those who love such music". said Charles Koechlin. And Alfred Cortot: "It is, literally, a masterpiece".

 

 

 

Elegy for cello and piano op 24

 

 

Second Quintette - Germaine Thyssens Valentin

and the ORTF Quartet

  • フォーレ:ピアノ五重奏曲第1番

    ガブリエル・フォーレは1879年にピアノ四重奏曲第1番ハ長調Op.15を、1886年に第2番Op.45を完成し、後に完成させたのが五重奏曲Op.60のように『音楽に圧倒された』と言われる全3楽章からなる五重奏曲第1番です。

    Op.89の初演は1906年。ニューヨークのシャーマー社から室内楽曲の出版依頼を受け、イザイ四重奏団が行いました。

    3楽章のみの構成ゆえに多くのフォーレ関係者は「短縮された」と感じました。他の公聴会ではそのような評判ではなかったでしょう。海外版での問題はそれを稀なものとし、五重奏曲第1番は未知なままでしたが、ケクランは「これは最高傑作のひとつ」と評価しました。イザイは「格調高く純粋な音楽の本質」と評価しています。

    3つのムーブメントからなります‐1. アレグロ:冒頭のピアノのアルペジオは弦楽器が刻々と彩を変えて暖かい平和を表現し、その後は対称的にユリシーズ前の過酷さを表現しています。‐2. アダージョは2つの動きからなります。1つは優しさ、もう1つは重厚さです。‐3. ベートーベンの歓喜の歌とは異なり、鳴り響く喜びはないというテーマで音が跳躍していきます。

    ドリー第1曲子守唄(1880年のOp.16)は1898年のアンダンテOp.75と同様に規模が小さいためこの2つは解説を必要としない作品です。シャーマン風の余韻でこれはフォーレの魅力のひとつです。

    クライスラーやティボーなどの権威ある弦からブラッスリーの名手の弦まで、おそらく多くの音楽愛好家が学ぶ子守唄は最も謙虚な音楽家フォーレの才能を暗示するような作品です。数ある最高傑作の中でこれ以上優しい子守唄はないでしょう。ゆりかごのようなバランスの取れたリズムに合わせて子供の頃の夢に触れて離れるような言葉で表せないしなやかで抑揚のあるメロディーです。

    ジョゼ・ブリュイール

     

    Premier Quintette/ Piano Quintet No.1 → 五重奏曲第1番

    Andante in B-flat Major アンダンテ変ロ長調

    Berceuse → 子守唄

Diapason d'or Editions A.C.
Audiofolia André Charlin
Gbaudovision André charlin
Voix nouvelles André Charlin
scpp
  • Gris icône Google Play
  • Gris Icône Deezer
  • Gris Spotify Icône
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2020 A.Charlin - All rights reserved